主催イベント

ポエトリーカフェ in 名古屋《本・本屋 篇》


日程:10月15日(日)
開場:16:00 / 開演16:30
会場:シマウマ書房 (名古屋市千種区四谷通1-22 ディオネ四ツ谷B1F)
料金:2,000円(星屑珈琲のコーヒー付)・要予約
出演:Pippo(近代詩伝道師、朗読家、著述家)
予約:下記フォームよりお申し込みください ※定員に達しました。 

Pippoさん主宰の気さくな詩の勉強会「ポエトリーカフェ」。名古屋では初開催となる今回のテーマは「本・本屋」が登場する詩。皆さんと一篇ずつ詩を読みながら、自由に語らいます。詩のお好きなかた、知識はあまりないが興味はある!というかた、お気軽にご参加ください。

Pippo(ぴっぽ)
1974年、東京生まれ。近代詩伝道師。詩の気さくな学び場〈ポエトリーカフェ〉月例主宰。
ときどき詩の紹介・朗読@文化放送ラジオ。著書に『心に太陽を くちびるに詩を』(新日本出版)。

幼少期より、本好きで、一貫の中学、高校をへて、文学や美術に興味を抱き、短大の芸術学科へ進む。そこで詩の洗礼をうけ、短大卒業後、詩書出版社・思潮社へ入社。自らも詩作をしつつ、多くの詩書編纂に携わる(アーサー・ビナード『釣り上げては』、山崎るり子『だいどころ』、田口犬男『モー将軍』、荒川洋治『空中の茱萸』、『田村隆一全詩集』『尾形亀之助全集』、「詩手帖 尾形亀之助特集」他)。 のち、美術出版社や古書店つとめなどしつつ、シナリオ修行や映画・音楽活動などに携わる。2008年より歌・詩の朗読、古本市出店や「古本ざしきわらし」(2010年-2013年)はじめ、多様な《近代詩伝導活動》を展開。2009年10月より詩の読書会「ポエトリーカフェ」を月例にて開催。 2017年には8年めを迎え、老若男女で賑わう、詩の入口となっている。

※定員に達しました。

 

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

会場:シマウマ書房 (名古屋市千種区四谷通1-22 ディオネ四ツ谷B1F)

2017-08-31 | Posted in 主催イベントComments Closed